KTSA

私たちの活動

NPO法人 海外腎臓移植無料サポート協会について

npo

私たちの活動

logo_2

このサイトの運営を行っている『Overseas Kidney Transplant Free Support Association(海外腎臓移植無料サポート協会)』(以下、KTSA)KTSAは、アジア地域を拠点として、腎臓移植希望患者のサポート活動を行っているNPO法人です。

このサイトを通じて『利他的な善意の第三者』からの、無償の生体腎臓提供を受ける待機リストへの登録が出来ます。
多くの腎臓移植希望者の方が、少しでも早く、多くのチャンスに恵まれ、健康な日々を過ごせるようになることを目的としています。

日本の臓器移植の現状と課題

臓器移植は、死亡した方から提供された臓器を移植する死体臓器移植と、生きている方(主に家族)から提供された臓器を移植する生体臓器移植 現在、臓器移植は、この二つの方法で成り立っています。

日本の場合、前者は臓器移植を必要とする患者さんが『日本臓器移植ネットワーク』に登録し、移植のチャンスが訪れるのを待つ方法。
登録時や毎年の更新時に手数料が掛かるうえ、現在の待機期間は15年以上といわれています。
そして、もしも候補者として選ばれても、必ず移植を受けることが出来るとは限りません。
それは移植希望者の生活面の都合や、突然の連絡に対応できない等、様々です。
摘出後、移植までに許容される時間は臓器によって異なりますが、最長でも膵臓や腎臓の場合は24時間であるために連絡がつかない場合は次の適合臓器を待つことになります。

一方で後者は、『日本臓器移植ネットワーク』への登録の必要はなく、移植施設で臓器移植が可能と判断されれば、移植手術が行われます。
但し、臓器移植手術には一般の外科手術とは違い、臓器を提供していただけるドナーが必要です。
この生体臓器移植では、レシピエント(移植を受ける患者)とドナー(臓器提供者)の都合さえ合えば、いつでも移植手術が可能ですが、日本においてはドナーになり得る人は、臓器移植学会のガイドラインにより、原則として親族等に限定されています。 そして、そのドナーは臓器提供を強要されていないか等を厳しく調査しなくてはなりません。 生体臓器移植は早く、確実に臓器提供を受ける手段ですが、ドナーとなる親族の理解を得るなど、提供を受けることが困難な手段に違いはありません。

海外で善意の第三者による臓器提供の可能性

そんなどちらの手段も条件の厳しい臓器移植ですが、KTSAはもう一つ「別の手段」を受ける方の支援を行っているのです。その手段が、利他的で人間愛に溢れる『善意の第三者による臓器提供』です。

海外では日本よりも臓器移植が根付いており、その判断もより積極的です。
個人同士での繋がりでは強制や金銭での臓器売買などが疑われてしまいます。
この問題を解消させるため、海外の病院が臓器提供を呼びかけ、レシピエントとドナーが顔を合わさずに、病院が完全に仲介し、不正な要素が存在しない『善意の第三者からの臓器提供』を成立させています。
私たちは、海外での臓器提供希望者を持つ病院の移植希望待機者リストへの登録を無料でサポートします。

海外の待機リストへの登録

KTSAへユーザー登録した際の情報をもとに、条件にあう医療機関の臓器移植待機者リストへ登録を行います。
腎臓移植希望患者はKTSAにユーザー登録し、KTSAから情報を受け取ります。
KTSAはユーザーからもらった情報から条件にあう病院へ登録を行い、適合の連絡を病院から受け、患者へ連絡を行います。


ユーザー登録はこちら